FMDミラーマウントMM1000
 
2015産業賞受賞
FMD FA1000S
 
新製品
FMDミラーマウントBSM1000s
 
 
FMDミラーマウントFBP1000s
 
 
 
 
実装例(光軸高さ:2インチ)
( 東京大学古澤研究室ラボ )
1インチ ビームスプリッターマウント
BSM1000S
BSM1000SはMM1000Sの性能に匹敵する操作性と長期安定性を有するビームスプリッターマウントです。当社出荷データ測定用干渉計(12個のミラーマウントで構成;評価装置概要図参照)での評価データ(下記グラフ)にも表れているように、Visibility は非常に安定しています。四方向光路対応型マウントで光軸高さ2インチ対応と低く、高性能とコンパクト性を兼ね備えた非常にユースフルなビームスプリッタマウントです(左下写真の実装例参照)。
評価データ


評価装置概要
設計図
仕様・特徴
素材
超々ジュラルミン
表面処理
アルマイト(梨地染色/FMD Blue)
最大厚さ
37ミリ以下(標準調整位置にて)
質量
約86g(但し、ミラー及び取付ベースの重量を除きます)
ミラー直径
φ1”  厚み=3〜9.5ミリ程度
本体固定
下からM6ネジ1本で固定(ペデスタルポストへの取付が容易)
THORLABS BE1相当品(別売)を使用すると、ミラー中心高さが2"となります
調整ネジ
ピッチ0.15mm、三点独立調整可能
調整角度
(あおり方向)
±2.5°
但し、Springネジの調整を行えば±3.5°程度迄調整可能です
調整角度
(回転方向)
±2.5°
但し、Springネジの調整を行えば±3.5°程度迄調整可能です
分解能
(あおり方向)
0.00149°( = 0.54°/ 360°、26μrad)
1°回転したときの変位量(傾斜角度)で1回転で0.54°変位します
分解能
(回転方向)
0.00125°( = 0.45°/ 360°、22μrad)
1°回転したときの変位量(傾斜角度)で1回転で0.45°変位します
その他
透過で使用可能です(左右両方向)
 
直進:φ24.4
45°透過:光学部品の厚みが6.35tの時φ14.5(図示)
光学部品の固定は、先端樹脂付ネジを使用して居りますので、光学部品にダメージを与えること無く安定して押さえられます
※性能向上のため、製品の仕様等は予告無く変更になる場合がありますので、詳細はお問い合わせ下さい。